10代の終わりに両膝の手術、20代の終わりに突然のギックリ腰を経験しました。痛い経験、不自由な生活を通して”痛むところだけではなく、原因となるところを探し出すことが大切”と実感しました。

膝、腰や姿勢の問題などは、体の土台である足、その中でも小さな足指の変形が鍵を握っていることが分かりました。足に合わない靴や靴下により屈んでしまった足指が体全体に悪影響をおよぼしているのです。

それらを改善するための「足指のばし(ゆびのば体操)」を考案しました。この簡単な体操は、全国に拡がり、怪我が減った、転倒が減った、かけっこが早くなった、膝痛、腰痛が改善したという声が届くようになりました。

もっと多くの方に良くなって欲しい、そんな思いに応えてくださり足指のこと、フットケアのことをアドバイスできる人々が集ってきました。それがゆびのばソックスアドバイザーであり、フットコーディネーターです。

私のセミナーを受講して、人を元気にしたい、歩けるようにしたいという思いがあふれる人ばかりです。いつまでも元気に過ごせる体を保つためにお気軽に全国にいる私の仲間に相談して下さい。

みらいクリニック 院長・医師 今井一彰